自然をエネルギーに エネルギーを未来に

アゴラ言論プラットフォームにて公開された『再エネ導入と農業復興の切り札は楽しい農業シェアリング』にて、つなぐファームをご紹介いただきました。

 2019.10.08

株式会社電力シェアリング 酒井直樹代表が執筆された記事内でご紹介いただきました。
以下のリンクより、ぜひご覧ください。
 
再エネ導入と農業復興の切り札は楽しい農業シェアリング-アゴラ言論プラットフォーム
 
酒井直樹代表は、アジア開発銀行在籍中から、電気自動車、IoT(モノのインターネット) 等のイノベーションの実業化の動向を分析しており、ICT、エネルギー、経済・経営分野にも精通していらっしゃいます。同銀行を退職後、株式会社電力シェアリングを創業しています。
 
株式会社電力シェアリング
 
 
■株式会社つなぐファームの自己紹介
千葉県千葉市緑区大木戸町で、『農地・ひと・地域を次の世代につなぐ』をコンセプトに掲げ、千葉エコ・エネルギー株式会社から芽を出した農業法人です。
 
農地の価値を高め、農地の守り人を増やし、農村地域の文化を継承する。
次の世代に”つなぐ”農業法人を目指しています。
 
千葉市大木戸地区で、作物とエネルギーを同時に生産する新しい農業「ソーラーシェアリング」に取り組んでいます。現場で様々なノウハウを蓄積しながら、人材育成にも積極的に取り組んでいます。
 
皆様のご声援、どうぞよろしくお願いいたします!
 
“つなぐファーム”ホームページ
https://www.tsunagufarm.com/
Facebook
https://www.facebook.com/TsunaguFarmChiba/
Instagram
https://www.instagram.com/tsunagu_farm/