自然をエネルギーに エネルギーを未来に

【お知らせ】環境経済・政策学会2019年大会のお知らせ

 2019.09.06

9月28・29日に、環境経済・政策学会2019大会が、国立大学法人福島大学で開催されます。
千葉大学倉阪研究室との営農型太陽光発電に関する全国調査に関する報告をいたします。
 
SEEPS 環境経済・政策学会
SEEPS 環境経済・政策学会 2019年大会

【9/28午後(1) 再生可能エネルギー(2) D会場(S21教室)】
座長:堀史郎(福岡大学)

1 日本における再生可能エネルギーの「優先接続」論争の論理的帰結―EU指令および日本における政策決定過程からの示唆―
○道満治彦(立教大学)
討論者:安田陽(京都大学)
要旨ファイル
 
2 ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)を巡る課題と政策-農業委員会全国調査結果から-
○倉阪秀史(千葉大学)・馬上丈司(千葉エコ・エネルギー社)・浅井綾介(千葉大学)・石塚郁海(千葉大学)・江原荘麻(千葉大学)・中村巧(千葉大学)
討論者:野津喬(実践女子大学)
要旨ファイル
 

3 ドイツにおける発送電分離が再エネの導入に与えた影響
○杉本康太(京都大学)
討論者:高橋洋(都留文科大学)
要旨ファイル

大会プログラム|環境経済・政策学会2019年大会

※事前申し込みはすでに終了しております。
本件の内容につきましては、実施後に報告させていただきます。
 
【本件に関するお問い合わせ】
環境経済・政策学会2019年大会実行委員会
福島大学経済経営学類 沼田 大輔