自然をエネルギーに エネルギーを未来に

【掲載情報】船橋よみうり新聞に千葉工業大学とのプロジェクトについて掲載されました。

 2019.08.09

2019年7月27日に発行された船橋よみうり新聞に、千葉工大国際金融研究センター(小林孝雄所長)を中心とする「REIWAプロジェクト」について紹介されました。
 
「環境的にも経済的にも持続可能な仕組み」を作ろうと、同センターと船橋市、千葉市、民間の電力関係企業などと連携するプロジェクトです。

弊社は、このプロジェクトの創立メンバーとして関わっています。

 

【REIWAプロジェクト:概要】

千葉工業大学 国際金融研究センター(所長 小林孝雄)は、この度、再生可能エネルギーの一層の利用を図るべく、次のプロジェクトをスタートさせました。名付けて、REIWAです。
「千葉工業大学(CIT)GiFr再生可能エネルギー・イニシアティヴ」
“Renewable Energy Initiative of/by/for Waste minimizing Area”
 

千葉の地を、ecological(環境性)かつfinancial(経済性)という二つのサステイナビリティ(Dual Sustainability)の先進地域にしていくためのイニシアティヴです。千葉の地は、エネルギーの地産地消の好適地、農業との共存についての先覚的地域であると言われており、当大学の包括連携協定先の自治体をはじめ、研究者、関係事業者等関係各位との連携を深めつつ、ファイナンス面からの研究等を進めて行きます。
 

イニシアティヴ推進のため、「REIWA-ちばDS構想-推進フォーラム」の設立を来る7月7日に予定しています。この先も、ずーっと、地球から天の川が美しく見えますようにとの願いを込めてこの日と致しました。

https://www.it-chiba.ac.jp/topics/pr20190617/

プロジェクトの詳細は、以下のページをぜひご覧ください。
 
千葉工大国際金融研究センター 再生可能エネルギーの一層の利用を図る「REIWA」プロジェクトをスタート|千葉工業大学

千葉工大国際金融研究センター 再生可能エネルギーの一層の利用を図る「REIWA」プロジェクトを推進するための「REIWA-ちばDS構想-推進フォーラム」を創立|千葉工業大学