自然をエネルギーに エネルギーを未来に

【お知らせ】みんな電力ホームページに、匝瑳飯塚Sola Share4号機が掲載されました。

 2019.01.21

匝瑳飯塚Sola Share4号機は、千葉県匝瑳市飯塚開畑地区で10年以上に亘って耕作放棄地だった場所を借り、2016年3月に発電を開始しました。

この発電所は、「ソーラーシェアリング」と呼ばれる農地の上で太陽光発電を行う仕組みで、一つの土地の上で農業と自然エネルギー発電を同時に実現しています。
 
発電所が完成した翌月には設備下の畑の耕作を再開し、大豆や麦を栽培しています。設備下の農業は、ソーラーシェアリング事業に賛同した地元の若手農業者2人が共同代表を務めるThree little birds合同会社が担っています。
 
発電所の売電収入から営農者に対するサポートを行っていて、農薬や化学肥料を使用しない農業を実現しています。
 
飯塚開畑地区では、この発電所を始めとして多くのソーラーシェアリングが新しく設置され、耕作放棄地がどんどん解消されていっています。

今後は新規就農者の受け入れを進めたり、有機栽培による農業を進めたりすることで、自然エネルギーと農業の両立による新しい地域活性化のモデル作りを実現していきます。 

みんな電力株式会社のページは、こちらよりご覧ください。